アイカ留学センター

北海道・札幌からオーストラリアへの留学サポートならアイカ留学センターにお任せください!お客様の不安なこと、聞きたいこと、なんでもお気軽にご相談ください。専門のスタッフがわかりやすくお応えいたします。

アイカ留学センター
北海道・札幌からオーストラリアへの留学サポートならアイカ留学センターにお任せください!お客様の不安なこと、聞きたいこと、なんでもお気軽にご相談ください。専門のスタッフがわかりやすくお応えいたします。
  1. PAGE BACK
  2. HOME
  3. 18歳までの留学
  4. オーストラリアの18歳未満の学校制度について

オーストラリアの18歳未満の学校制度について


オーストラリアの18歳未満の学校制度について

オーストラリアの18歳までの学校制度は地域によって若干の違いがあり、概ね以下のとおりです。
年齢シドニー、メルボルン、アドルレイド、ケンボラブリズボン、ゴールドコースト、アドルレイド、パース、ダーウイン
17~18高等学校 11-12年生高等学校 11-12年生
12/13~16中学校 7-10年生中学校 8-10年生
6~11/12初等学校 1-6年生初等学校 1-7年生
5予備校幼稚園予備校幼稚園

オーストラリアの公立学校と私立学校の違い

公立学校私立学校
運営閣州政府教育庁運営閣宗教財団及び私学財団
男女共学閣州政府教育庁運営閣宗教財団及び私学財団
学費$8,000~$13,000(費用上昇可能)$10,000~$30,000(費用上昇可能)
宿所ホームステイまたは家族/親戚の家利用ホームステイまたは寮(Boarding House)
入学申し込み留学院/州政府教育庁
国際学生担当部署で受付
留学院/該当の学校に直接受付
国際学生の割合5~10%10% (学校によってちょっと差がある)

オーストラリアの教科課程(Courses)

英語、数学、第2外国語、科学、技術、社会環境、保健及び体育、芸術の 8科目があり、英語と数学は必修課目です。

上記教科過程以外にも、学校自体で実施する多様な分野の放課後特別活動があります。

学生たちは学科授業、グループ活動そして個人別教習などの多様な形態の教育を受けています。オーストラリアはコンピューター普及率が高い国としてオーストラリアのすべての小 ・ 中・ 高等学校にはインターネット使用が可能なコンピューターが完備されていて、ICT 教育(Information and Communication Technologyの略で、インターネットを活用した教育のこと)においては世界でも最先端の教育レベルにあります。学生たちも、小さい時からコンピュータを学んでいるため、そのコンピューター実力はとても高い水準にあります。

オーストラリアの年生別教育特徴

Primary School (Year 1 – Year 6 または 7)

日本の一般的な小学校のように担任教師指導の下、授業を受けて、ほとんどが男女混合のクラスになっています。担任教師は基本科目を教えて、芸術系や体育系の科目は該当教師が指導する場合が多いです。

小学校のジュニアは主に基本的な言語(英語)の聞き取りと書き取り、数えるなど創意力を培う活動科目科の教育に重点を置いて、上級生は英語、数学、体育及び保健、技術科目を学んでいくつかの学校は音楽と外国語教育を実施しています。

留学生も公立小学校入学が可能ですが、大部分はご両親が伴うことが必要条件になっています。

英語研修: 留学生の場合、小学校 1~2年生入学時、通常は語学研修の必要が無い場合が多いですが、学校によっては別途の語学研修を要求されることもあります。その場合は、ESL 過程(English as a second languageの略で、英語を母国語としない国向けの英語教育)を通じて正規学習と一緒に並行して英語指導を受けます。

しかし高学年に入学する場合は、正規過程開始以前にある程度の期間の英語研修が要求されます(期間は個人差があります)。

Secondary School – Junior (Year 7 または 8 – Year 10)

主に基本科目を勉強して、8年生以後には必修課目 (英語、数学、人文社会、科学、体育)と選択科目 (外国語、経済、美術、音楽、演劇、コンピューター、地理、歴史など)を分けて具体的に勉強するようになります。 先生は専門的に1~2科目を教えて、学生たちが大学のように各々教室を移し回って授業を受けます。 一学期の受講科目は 6科目くらいです。

英語研修:中・高等学校入学の時には別途の語学研修が要求されます。

Secondary School – Senior ( Year 11 -12)

大学入試のための具体的な準備期間であり、選択科目の範囲がもっと多様です。 学生たちは希望大学と専攻によって関連科目を選択する必要があります。例えば、工科大に進学するためには数学、物理または化学科目を履修しなければなりません。

この時からは大学入試に内申成績が反映される期間なので、早期留学期間の中で一番重要な時期と言えます。

11,12年生間の内申成績と 12年生に受ける高等学校卒業資格試験成績結果で大学に進学するようになります。留学生は 11年生 4学期以後の入学は事実上難しいです。

英語研修:中・高等学校入学の時には別途の語学研修が要求されます。

オーストラリアの学校に入学するために必要なものとは

18歳までのお子様がオーストラリアの学校に入学(留学)するために必要な書類や条件ををご説明いたします。
詳しくは以下をご覧ください。
アイカ留学センター

札幌 中央区にある留学サポートエージェント

アイカ留学センター

〒060-0031

札幌市中央区北1東9丁目11-46

TEL:011-252-7929

MOBILE:090-3119-0998

© I KA Studying Abroad Center. All Rights Reserved.